メニューを開く

ペアガラス、二重サッシ

ペアガラスについて

■ペアガラスとは
ペアガラスとは、2枚のガラスの間に乾燥空気を閉じ込めた複層ガラスのことです。窓から逃げる暖房熱の量を減らし、節電に貢献します。昔の住まいでは、単層ガラスが一般的だったため、夏は外からの暑さがダイレクトに室内へと伝わり、冬場は窓から暖房の熱が逃げてしまっていました。現在の住宅ではペアガラスの採用が一般的とされており、暖房効率以外にも、結露しにくい、遮音性・防音性能に優れる、防犯面で有効などと様々なメリットがあります。

ペアガラスのメリット・デメリット

ペアガラスのメリット
  • 暖房効率が良くなり、光熱費を抑えられる

  • 遮音性・防音性能に優れている

ペアガラスのデメリット
  • 設置場所を間違うと逆効果になることも

  • 築年数が古い場合、ガラス交換だけでは効果がないことも

ペアガラスは設置場所が重要です。たとえば、あまり日当たりのよくない部屋に遮熱のペアガラスを設置し、冬場が寒くなりすぎてしまう、ということも。また、築年数が古い家の場合、窓以外からの隙間風などが原因で、窓ガラスのリフォームだけでは室内の温度に変化がない可能性もあります。

二重サッシについて

■二重サッシとは
既存の窓の内側にもう一枚、内窓を取り付け窓を二重にしたものです。二重サッシにすることで部屋の気密性を上げることで、暖房器具を使用する際の光熱費が抑えられます。またペアガラスは種類ごとに遮熱・断熱など役割が分かれていますが、二重サッシは一種類で遮熱・断熱、防音、防犯、結露防止など複数の効果を得ることができます。

二重サッシのメリット・デメリット

二重サッシのメリット
  • 断熱性が高く、光熱費を抑えられる

  • 防音効果、結露防止、防犯効果など複数の効果が得られる

外窓と内窓の間にできる空気層のおかげで、結露や防音効果が得られます。また、防犯性の面では窓が二枚あることによって侵入の手間が増すため、発見されるリスクを恐れて狙われにくいといわれています。
二重サッシのデメリット
  • 窓が二重になるため二回開け閉めしなければならない

  • 掃除に手間がかかる

二重サッシは内窓を設置するため、窓がふたつ重なっている状態になります。部屋の空気を入れ替える時などは毎回二回開け閉めしなければいけないため、頻繁に窓を開ける方は面倒に感じるかもしれません。また、部屋の中から外側の窓を拭くことが難しく、外から拭かなければいけないことも。