メニューを開く

トイレ

知って納得!家族にぴったりなキッチンの選び方

タンク式orタンクレス。まずはどちらにするか決めましょう

トイレの洗浄方法が違う「タンク式」と「タンクレス」という2つのタイプ。それぞれにメリット・デメリットがあります。トイレのリフォームを考えたら、まずはこのどちらのタイプを選ぶか考えましょう。

タンク式トイレ

タンク部分と便器本体が一緒になった一般的な洋式トイレです。タンクに溜めた水で洗浄するので、停電時にもトイレを流すことができたり、水圧の低い二階部分のトイレでも問題なく取り付けることができます。また、タンクレストイレに比べると安価であり、手洗いボウルがついているので別途手洗いを用意しなくて良いこともメリットです。デメリットとしては、タンクがある分トイレのスペースが狭くなってしまうことや、タンクの裏側など隅々までなかなか掃除がしづらいことが挙げられます。

▶ こんな方にオススメ!

  • 災害時(停電時)にも安心してトイレを使用したい

  • リフォームコストを抑えたい

タンクレストイレ

便器の後部にタンクのない、スタイリッシュなトイレです。デザイン性が高く、タンクがない分トイレの空間がすっきりして見えるのが特徴です。また、掃除がしやすいように工夫されているものが多く、継ぎ目がなかったり、汚れやすい部分を浮かせてお手入れできたりするなど、各メーカーごとに魅力的な機能があります。洗浄時の水量が少なく、節水効果も期待できます。デメリットとしては、タンクレストイレは電気で水を流すため、停電時に使用できないことや、ウォシュレットと一体になっているため温水便座部分のみの交換ができない点などが挙げられます。

▶ こんな方にオススメ!

  • スタイリッシュなトイレ空間にしたい

  • 日々のお手入れを楽にしたい