メニューを開く

キッチン

知って納得!家族にぴったりなキッチンの選び方

まずはI型・L型・対面キッチン、どの形にするかを決める

リフォームポイントとして人気のキッチン。
キッチンを選ぶときにまず考えることは、主にキッチンに立つ人がどんな使い方をするのか、キッチンを使うときになにを重要視するのか、ということです。I型・L型・対面型のそれぞれに使い方に違いがあり、またメリットとデメリットが存在します。それぞれのポイントを押さえた上で、自分の家にはどのキッチンが合うのかをじっくり考えましょう。

I型キッチンの特徴

I型のシステムキッチンは、シンク・コンロ、調理スペースが一列に並んでいる、コンパクトでオーソドックスなタイプです。システムキッチンを置く場所があまり広く無い場合や、ダイニングとキッチンは分けたいというご家族には、I型がおすすめです。また、価格も比較的低くなりますので、リフォーム時のコストを抑えたいお客様にもおすすめです。デメリットとしては、横幅の長さによっては動線が伸びてしまうことや、キッチンを壁付けにした場合はリビングやダイニングからキッチンの作業スペースが丸見えになってしまうことが挙げられます。

▶ こんな方にオススメ!

  • リフォームのコストを抑えたい方

  • シンプルな動線で調理をしたい方

L型キッチンの特徴

L型キッチンの大きな魅力は、収納のボリュームと作業スペースの広さです。L型の形状を生かしてコーナー部分も収納場所に使用できることと、2人でキッチンに立っても余裕のある作業スペースは、ご夫婦やお子さんなど一緒に料理を楽しむご家庭や、豊富な収納量が活かせる、家族の多いご家庭におすすめです。デメリットとしては、L字型のキッチンを配置するためにはある程度広いスペースが必要になることや、角がデッドスペースになりやすいことなどが挙げられます。

▶ こんな方にオススメ!

  • ご夫婦やお子さんなどと複数人で料理を楽しむご家庭

  • 収納スペースや動線にこだわりのある方

対面型キッチンの特徴

対面型キッチンは近年人気の形です。家族の顔を見ながらキッチンに立つことができ、家族での会話やコミュニケーションを重視するご家庭に向いています。また、対面キッチンでは食器棚や冷蔵庫が壁際(背面)に設置されることが多いため、動線として振り向くだけで作業ができ、とても楽に調理することができます。デメリットは、アイランドキッチンなど開放的なキッチンにする場合、LDKの中で存在感が大きくなりすぎて空間を狭く感じてしまったり、油はねやニオイが部屋に広がりやすいことが挙げられます。

▶ こんな方にオススメ!

  • 調理しながら家族とコミュケーションがとりたい方

  • 使い勝手を重視しながらも、お洒落さにもこだわりたい方